ここから本文です

ジョーのハットトリックで名古屋が大逆転勝利! G大阪は宮本体制での初白星ならず/J1第20節

8/5(日) 19:58配信

GOAL

ジョーがハットトリック!

明治安田生命J1リーグ第20節の名古屋グランパス対ガンバ大阪が5日に豊田スタジアムで開催された。

都倉賢、稲本潤一の奥さん知ってる?サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【32枚】

ここまで最下位に低迷する名古屋と、16位と同じく苦しむG大阪が激突した。前節のベガルタ仙台戦で16試合ぶりの白星を手にした名古屋は、前田、ジョー、ガブリエル・シャビエルが引き続き先発。一方、宮本体制での初勝利を目指すG大阪は、直近3試合2得点のファン・ウィジョに期待がかかった。

試合序盤はホームの名古屋が攻勢に出る。12分には、左サイドからのクロスがクリアされると、ペナルティアーク左付近でこぼれ球を拾った玉田が素早くシュートに持ち込む。しかし、このミドルシュートはわずかに枠の右にはずれた。さらに15分には右サイドでガブリエル・シャビエルが入れたクロスに中央のジョーがボレー。これも枠を捉えることができない。

すると、先制したのはアウェイチームだった。20分、ペナルティアークからボックス右にドリブルを仕掛けた藤本が玉田に倒されたとしてPKを獲得。このPKをアデミウソンがきっちりと沈めて、G大阪が試合の均衡を破った。

これで勢いに乗ったG大阪は、37分に加点する。ボックス左奥でスルーパスに反応したオ・ジェソクがマイナスにグラウンダークロスを入れる。走りこんだ藤本が正面でダイレクトシュートに持ち込むと、これがネットを揺らした。

迎えた後半は名古屋が反撃。すると60分、ボックス右でボールに反応したジョーがファビオに引っ張られる形で倒れると、これでPKを獲得。このPKをジョー自らが成功させて、名古屋が1点を返す。

すると、攻勢を強めた名古屋が追いつく。79分、和泉のスルーパスをゴールエリア左付近で受けた前田が仕掛けてクロス。正面で待ち構えていたジョーが難なく押し込み、名古屋がスコアを2-2とした。

さらに名古屋は一気に攻め立てると、再び元ブラジル代表FWが魅せる。84分、ロングボールを競り合ったジョーがボールをつなぐと、味方が再び競ってこぼれたボールに反応。最後は正面からゴールにねじ込んで、ハットトリックを達成した。

結局、このゴールを決勝弾とした名古屋が大逆転勝利。開幕2連勝以来となる連勝を決めた。対するG大阪は、いまだ宮本体制で白星なしとなっている。

■試合結果
名古屋グランパス 3-2 ガンバ大阪

■得点者
名古屋:ジョー(61分、79分、84分)
G大阪:アデミウソン(22分)、藤本淳吾(37分)

Goal

最終更新:8/5(日) 21:12
GOAL