ここから本文です

JR津山線復旧、全線運行に戻る 姫新、因美、芸備線は運休続く

8/5(日) 21:42配信

山陽新聞デジタル

 JR西日本岡山支社は5日、西日本豪雨の影響で不通となっていた津山線の玉柏―野々口間で運転を再開した。岡山―玉柏間と野々口―津山間の間引き運転も解除し、31日ぶりに通常ダイヤによる全線運行に戻った。

 5日は始発から上下線で通常通り運行し、岡山駅では朝から仕事や旅行などに向かう人の姿が見られた。津山線の全線復旧に伴い、岡山支社は直行バスによる岡山―金川間の代行輸送を4日で終了した。

 通勤のため同駅から金川駅に向かった岡山市中区の公務員男性(53)は「代行バスはありがたかったが、渋滞で時間通り到着しないこともあった。不便な状態が早く解消されてよかった」と話した。

 西日本豪雨により、県内の在来線では線路に土砂が流入するなどして不通区間が相次いだ。姫新、因美、芸備線は全面運休が続いており、岡山支社はバスで代行輸送している。

 岡山支社によると、姫新線は上月―津山間が10日、津山―中国勝山間が8月下旬、中国勝山―新見間は9月中の運転再開を目指している。因美線の復旧目標は津山―美作加茂間が9月上旬、美作加茂―智頭間は9月中。芸備線は新見―東城間で9月上旬の運転再開を目指している。

 山陽線はほぼ通常ダイヤで運行。赤穂、瀬戸大橋、伯備、宇野みなと(宇野)、桃太郎(吉備)の各路線は通常運行している。