ここから本文です

浜口京子、父・アニマル浜口に気になる男性の名刺を食べられた!?

8/5(日) 7:30配信

ニッポン放送

2008年北京五輪銅メダリストの浜口京子が、ラジオ番組に出演し、家族に関するエピソードを語った。

レスリングを始める前は、水泳のオリンピック選手になりたかったという浜口。しかし中学生になった頃、周囲のレベルの高さに挫折してしまい、徐々に練習をサボるようになった。次第に、水泳よりも父のようなプロレスラーになりたいという気持ちを抱くようになり、その思いを父に告白。それを聞いた父親のアニマル浜口は「そうか…大変だぞ?」とだけ返事をし、翌日から、アニマルが経営するトレーニングジムでプロレスラーになるためのトレーニングを始めたという。

すると、一ヶ月後に、アニマルは娘に無断で浜口をボディビルの大会にエントリー。父の勝手な行動に、母と浜口は「なんてことをしてくれたのよ!」と当時は憤慨したという。しかし、申し込んだからには真剣に取り組もうと必死でトレーニングに励んだところ、なんと、その大会で奨励賞を受賞。「その時に、たくさんの人の前で初めて賞をもらって。水泳で挫折していた私でも頑張ればできるんだ!ってちょっぴり自信がついたんです。」と、父への感謝の気持ちを語った。

ところが、そんな父親に対しても恋愛相談は一切しないそうで、「昔、テレビ番組の企画で私に興味を持っている男性を紹介してくれたんです。すごく優しくて素敵な方だったんですが、その人から貰った連絡先が書かれた名刺を父が食べちゃったんです!」と驚きのエピソードを披露。結局、連絡先が分からなくなってしまい、その男性と恋愛関係に発展することはなかったという。衝撃的なアニマル浜口のエピソードに、スタジオは笑いに包まれた。

(7月31日放送 ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー」より)

最終更新:8/5(日) 7:30
ニッポン放送

Yahoo!ニュース特設ページ