ここから本文です

グラドル白川未奈が本気のプロレスデビュー戦、筋肉アイドル才木に敗北も大健闘

8/6(月) 12:29配信

イーファイト

 8月5日(日)に品川プリンスホテル・ステラボールにて『ベストボディ・ジャパンプロレス』が初開催された。

【フォト】グラビアで活躍する水着姿の白川未奈

 『ベストボディ・ジャパンプロレス』とは、スリムな筋肉美コンテストを行う『ベストボディ・ジャパン』が『DDTプロレス』との全面協力のもと4月に発足したプロレスの新団体だ。

 この大会ではGカップのボディで人気のグラビアアイドルの白川未奈(30)と、パワーリフティング全日本大会で3回の優勝経験がある、お笑い芸人のなべやかん(47)がプロレスデビュー。

 白川は東京女子プロレスの中島翔子とタッグを組みvs筋肉アイドルで東京女子プロレスの才木玲佳とベストボディ・ジャパン2015年日本大会ファイナリストの村松星美と対戦。

 白川は才木とバチバチの肘の打ち合いから、ネックブリーカードロップやDDTを決めてカウント2を取るなど本格的なプロレスを展開したが、才木がラリアット、そして蹴りでダメージを与えたところで白川を持ち上げ、得意のジャックハマーで叩きつけカウント3を奪い才木が勝利。好ファイトを見せた白川に才木は握手を求め抱き合い健闘をたたえた。

 試合後白川は「私はグラビアの仕事も、バラエティの仕事も好きですし、全て、人生をかけてやってきました。とにかく全部全力でやりたいんです!だからプロレスも全力でやります。プロレスラーとして認めてもらえるよう、頑張ります」と本気でプロレスに取り組む姿勢を示した。

 また、なべやかんは3vs3のタッグマッチに挑んだ。53kgのなべに対し、相手は全員100kgオーバーのプロレスラー。小さい体で吹っ飛ばされたりふくろ叩きにあったりもしたが、エルボーの連打から延髄蹴りなどを見せ奮闘、最後はなべのタッグパートナーであり、全日本プロレスで2011年に世界ジュニアヘビー級王者となった大和ヒロシがフィッシャーマンズスープレックスホールドを決め、なべはデビュー戦初勝利を飾った。

 次回試合は10月18日、「新木場1stリング」に決定、なべ、白川共に参戦を予定している。

最終更新:8/13(月) 10:29
イーファイト