ここから本文です

【全日本】専大OBトリオが実現 「X」の正体は馳!

8/6(月) 16:45配信

東スポWeb

 全日本プロレス5日の金沢大会(石川県産業展示館3号館)で本紙既報通り、長州力(66)、馳浩(57=衆院議員)、秋山準(48)の「専大OBトリオ」が初めて実現。昨年7月以来のプロレス復帰となった馳が十八番の北斗原爆固めで勝負を決め、地元の大歓声を浴びた。

 夢のトリオは野村直矢、ヨシタツ、KAZMA SAKAMOTO組と激突。長州と秋山のタッグは今回が初となった。しかも馳は全日マットでは約12年ぶりの試合。当日まで「X」とされながら、1719人(満員)の観衆が詰め掛けた。

 馳がおなじみの陽気なテーマ曲で登場してコーナーに駆け上がるや、会場は一気にお祭りムードに。ブランクも感じさせず、自身もめまいを起こすほど豪快なジャイアントスイング22回転、裏投げ、鎌固めなど得意技を惜しみなく披露。来年限りでの引退を表明している長州はラリアート、秋山は非情なヒザ爆弾で復帰戦に花を添える。最後は秋山のエクスプロイダーを受けた馳が、SAKAMOTOを沈めた。

 馳の次戦は21日のプロレスリングマスターズ後楽園大会。一気に出場試合数が増加しそうなムードとなってきた。

最終更新:8/6(月) 16:50
東スポWeb