ここから本文です

【ノア】拳王が清宮とGHCタッグ取り宣

8/6(月) 16:45配信

東スポWeb

 ノアの前GHCヘビー級王者・拳王(33)が、GHCタッグ王座を保持する丸藤正道(38)、齋藤彰俊組からのベルト奪取を誓った。

 5日の東京・後楽園ホール大会では8人タッグ戦で王者組と激突。齋藤とは目まぐるしく攻防が入れ替わる打撃戦を展開し、最後は強烈な蹴りからダイビングフットスタンプにつなげて3カウントを奪った。

 試合後は7月28日後楽園大会で同王座を獲得したばかりのベテラン2人に対し「今さらお前らがベルトを持って何が面白いんだ? 刺激があるのか? その役割を果たすのは俺、拳王だ」と罵声を浴びせ、清宮海斗(22)とのコンビによる挑戦を表明した。

 シングルのGHC王座は3月に拳王からベルトを奪取した杉浦貴(48)が持ち、両王座がベテラン勢の下にある。「あいつらに勢いがあるのは認めざるを得ないし、発端は俺の責任。だからその責任をしっかり取って、抗争を終わらせてやる」。シングル王座を失ってから失速状態だった蹴殺戦士が、タッグ戦線から再浮上を狙う。

最終更新:8/6(月) 16:51
東スポWeb

Yahoo!ニュース特設ページ