ここから本文です

【明日8月7日の半分、青い。】第110話 謎の青年役・小関裕太が初登場 鈴愛は和子の病気を知り…

8/6(月) 13:00配信

スポニチアネックス

 女優の永野芽郁(18)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜前8・00)は7日、第110話が放送される。

 岐阜に戻った翌朝。茶の間で寝ていた鈴愛(永野)は食卓を囲む家族の中に見知らぬ青年を見つける。米国育ちの青年・健人(小関裕太)は草太(上村海成)の作るカツ丼の修行のため、楡野家に住み込んでいるという。久しぶりに実家に戻ったことで、自分の知らないことがたくさん起きていることを知る鈴愛だったが、さらに晴(松雪泰子)と貴美香(余貴美子)から和子(原田知世)の病気について重大なことを知らされる。

 朝ドラ通算98作目。フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」やTBS「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の名作を生み“ラブストーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川悦吏子氏(56)のオリジナル脚本。岐阜県と東京を舞台に、病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(にれの・すずめ)が高度経済成長期の終わりから現代を七転び八起きで駆け抜ける姿を描く。

 【+α】つくし食堂で見習いとして働く米国育ちの青年・健人を演じる俳優の小関裕太(23)が初登場。NHKの仕事は、子役時代のEテレ「天才てれびくんMAX」以来10年ぶりといい、朝ドラ初出演。「『半分、青い。』はもともと見ていて、このドラマがほんっっとうに大好きだったので、出演を心からうれしく思いました!北川悦吏子さんに素敵に描いていただいております。とんでもない登場の仕方をしますので、是非楽しみにしていただきたいです!」と呼び掛けている。

あわせて読みたい