ここから本文です

デノン、進化したレコードプレーヤー発売。5.8万&7万円の2機種

8/6(月) 17:05配信

Stereo Sound ONLINE

ダストカバーを立ててジャケットスタンドにできる

 デノンから、アナログレコードプレーヤー「DP-400」と「DP-450USB」が8月中旬に発売される。価格はDP-400が5万8000円(税別)、DP-450USBは7万円(税別)。

 両機とも、現代的でスタイリッシュかつコンパクトなボディと、デジタル技術を駆使した高音質を兼ね備えた「THE DESIGN SERIES.」(デザインシリーズ)の新製品で、同シリーズ初のアナログレコードプレーヤー(以下、アナログプレーヤー)となる。

 デノンは1970年代から様々なアナログプレーヤーを手掛けてきた名門ブランド。レコードの衰退といった市場変化に関係なく製品を販売し続けており、「DP-1300MKII」や「DP-500M」などの現行モデルは10年以上も続くロングセラーとなっている。

 新たに登場した「DP-400」と「DP-450USB」はともに、現行機「DP-350F」をベースに開発されたが、内容は全くの別物といえる進化を遂げている。

 キャビネットや駆動部、トーンアームといったプレーヤーの機構部は両機共通。駆動方式にベルトドライブ方式を採用し、回転数は33 1/3回転/分、45回転/分だけでなく78回転/分にも対応した。また、高い回転精度を維持するため、ターンテーブルの下に速度センサーを配置。回転速度を常時モニターしながらモーターを制御する。

 トーンアームはS字のスタティックバランス型。本機のために新開発されたもので、1971年に発売され、名機と評された「DP-5000」の開発時にリファレンスとされたトーンアームの仕様がベースとなっている。これに、OBエンジニアのアドバイスを仰ぎつつ試行錯誤を重ね、最終的に有効長220mm、オーバーハング16mm、オフセット角23度に決定したそうだ。また、トーンアームはユニバーサル仕様のため、シェルごとカートリッジを交換できる。

 本機にはMM型のカートリッジが付属するほか、MM対応のフォノイコライザーアンプを内蔵する。PHONO入力のないオーディオ機器に接続して、アナログレコードをのサウンドを楽しむことも可能だ。

 ベースモデルのDP-350Fが自動で針を降ろし、最内周まで来ると回転を停止し針を上げるフルオート式だったのに対し、本機はユーザーが自ら針を降ろすマニュアル式を採用。アナログレコード再生の醍醐味の一つである再生の所作を味わえる。

 なお、針や盤面を痛みから守るため、オートストップ機能を搭載する。これは、盤面の最内周に針が到達すると再生が停止し、自動で針を上げるというもの。アームリフター部をモーターで駆動し、トーンアーム自体を持ち上げる仕組みのため、音質には影響しないという。

 キャビネットのプラッター下にダイキャスト製のプレートを埋め込み、高い剛性を確保した。外径寸法(ダストカバー取付け時)はW414×H105(H132)×D342(H347)mm、質量は5.6kg(両機共通、ダストカバーを含む)。ダストカバーは付属の専用スタンドで立てて置け、ここにレコードのジャケットを載せてディスプレイできる。

 DP-450USBは、キャビネットの前面部にUSB A端子を備え、挿したUSBメモリーへのダイレクト録音機能を搭載する。保存できる形式は、WAV(44.1kHz/16bit)もしくはMP3。また、付属の音楽ファイルユーティリティソフト「MusiCut for Denon」を使い、録音したMP3ファイルの手動および自動でのファイル分割や、Gracenoteと連携して楽曲情報を取得することも可能だ。

最終更新:8/6(月) 17:05
Stereo Sound ONLINE