ここから本文です

急成長するシェアサービスに新展開!

2018/8/6(月) 10:32配信

Yahoo!ニュース

シェアサービスを手がける会社は100社を超えている。

こうしたなか、社会課題を解決するシェアサービスが生まれている。

料理イベントなどを手がけるコークッキングは、飲食店で余った食品をシェアするサービス「TABETE」を今年4月からスタートした。飲食店の「まだ食べられるのに捨てられてしまう食品」と、安く食品を入手したい消費者を結びつける。

訪問介護・家事・生活支援サービスを行うクラウドケアは、買い物の付き添いなどを頼みたい高齢者や障がい者と、介護スキルをもつ人材をマッチングする。

野村総合研究所の調査によると、国内のシェアリングエコノミー市場規模は2017年の2660.5億円から2023年には9399.4億円に拡大する見込みだ。

最終更新:2018/8/6(月) 10:40
Yahoo!ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事