ここから本文です

オジュウチョウサン 次走は引き続き武豊で9・22九十九里特別

8/7(火) 11:31配信

東スポWeb

 4年8か月ぶりの平地挑戦となった先月7日の開成山特別(3歳上500万下、福島芝2600メートル)で歴史的勝利を挙げた障害レースの“絶対王者”オジュウチョウサン(牡7・和田郎)が、9月22日の九十九里特別(3歳上1000万下、中山芝内2500メートル)に向かうことが7日朝、明らかになった。引き続き武豊が手綱を取る。

「方向性が決まりました。格上挑戦の形にはなりますが、有馬記念に挑戦することも考えて、同じ舞台設定を重視しました」と和田郎調教師。

 陣営は12・23有馬記念挑戦を野望に掲げており“本番”と同じ舞台での走りが注目される。

 なお、オジュウチョウサンは現在、放牧中。8月下旬に美浦に帰厩し、新たなステージへの準備を始める。

最終更新:8/7(火) 11:34
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

Yahoo!ニュース特設ページ