ここから本文です

大谷 無安打も今季4個目の盗塁 エンゼルス快勝

8/7(火) 14:12配信

スポニチアネックス

 ◇ア・リーグ エンゼルス6―2タイガース(2018年8月6日 アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)は6日(日本時間7日)、アナハイムでのタイガース戦に「5番・DH」で先発出場し、2打数無安打2四球で、8回に今季4個目の盗塁を決めた。チームは6―2で勝ち、連敗を2でストップした。

 タイガースの先発は今季6勝をマークしている左腕のボイド。大谷は2回1死で迎えた第1打席、追い込まれてから粘ったが7球目の外角低めへのスライダーに空振り三振に倒れた。1―1の4回無死一塁では1ボールからのスライダーに中飛。6回、8回は四球を選び、8回は続くシモンズの打席で二盗に成功した。打率は・268。

 大谷は前日5日(同6日)のインディアンス戦は初回に左中間フェンスに直撃する、飛距離122メートルの特大二塁打、5回2死三塁では左前適時打を放ち、今季13度目のマルチ安打を記録した。