ここから本文です

山根会長、辞任を保留 8日正午に「私の気持ちをお話しする」 会議の末も結論出ず

8/7(火) 19:54配信

デイリースポーツ

 助成金流用や山根明会長(78)の反社会勢力との交友が問題になっている日本ボクシング連盟が、7日夕方に大阪市内のホテルで緊急理事会を開き、山根会長は自身の進退について「決めていない」とし、自らに一任されたと明かした。

【写真】サングラス奥の鋭い眼光…会場入りする山根会長

 会議には山根会長と連盟理事らが出席し午後4時すぎにスタート。200人以上の報道陣が集まる中、会議は3時間にも及んだが、この日は結論はでなかった。

 3時間に及んだ会議後、山根会長は「家族と友人と話して決めたい」とし辞任を明言しなかったが、「あす正午に私の気持ちをお話します。それまで時間をください」と述べた。

 山根会長は会議前に報道陣から進退に関して問われた際は「(辞任は)やりません。前から言っているように、相手(日本ボクシングを再興する会)は反社会的な団体。ああいう古いのが残ったら、ボクシング連盟はむちゃくちゃになる」などと主張し、強気の構えを崩さなかった。同連盟の複数の理事が辞任を検討する中で始まった会議で、周囲からの説得にも結局、結論は出なかった。

 山根会長は午後8時半ごろ、大阪市内の自宅に到着したが、報道陣の問いかけには答えず、「ちょっとだけ時間をください」と話し、家の中に消えた。

Yahoo!ニュース特設ページ