ここから本文です

「拼多多」、中国で注目の新興Eコマース 低価格だが偽物多い

8/7(火) 12:05配信

東方新報

【東方新報】わずか3年未満で、米国でIPOを成功させた「ソーシャルコマース」の拼多多(Pinduoduo)。しかし上場後まもなく、偽ブランド販売疑惑やビジネスモデルの悪しき慣習が明らかになるなど連日さまざまな物議を醸している。

 7月26日の米ナスダック(Nasdaq)の上場時には、株価は1日で39.47%上昇し、時価総額は約300億ドル(約3兆3000億円)を超えた。

 しかし、中国の電機メーカー創維集団(Skyworth)に同社の類似製品が拼多多のサイトで販売されていることを指摘されたことが明らかになり、30日の株価は前日比7.87%下降し、約20億ドル(約2200億円)下落した。

 ■取り扱い商品の多くは「偽物」ブランド?

 創維集団は7月28日、拼多多から創維ブランドに似せたテレビが大量に出回っていることについて、消費者と自社ブランドの権益を大きく侵害し、関連商品の販売活動の停止を求めて拼多多と交渉中だとの公式微博(ウェイボー Weibo)で発表した。

 創維はその際、拼多多のサイトで紹介された自社製品の偽物とされる商品の数々を貼り出した。同社のほか、大手スマホメーカーのVivo製携帯電話が拼多多のサイトでは「Vivi」として販売されているなど、ネットユーザーからも指摘する声が相次いでいる。

 また、ある機関が、拼多多の売上上位100商品について調査したところ、過去30日の取引中、39種類が「偽物」の疑いがあることがわかった。売上高にして、100種類の全体のうちの57.82%に上り、同社の売り上げ全体の63.7%を占めていた。

 ■低価格志向から品質志向への切換え、いつ?

 偽物ブランドの氾濫以外にも、拼多多が直面する問題がある。大手Eコマース企業の中でも、特に積極的な低価格モデルを進めている点だ。

 ここ半年、ネットショッピングにはまっているという大学生の譚さんは記者にこんなエピソードを話した。

 譚さんはある時、阿里巴巴(アリババ、Alibaba)の出店モールである淘宝(タオバオ、TaoBao)で電動マッサージ器を58元(約945円)で購入したが、数回も使わないうちにすぐに故障してしまった。

 その後、拼多多で同タイプの商品がたった8元(約130円)で販売されているのをみて、つい購入してしまったという。しかし届いた製品は、スイッチを入れると漏電し、一度も使うことなく壊れてしまった。

 このほか、靴も1週間程度で穴が開き、バーゲンの際に購入したオーブンも品質が悪く、サツマイモ1個を焼くのに3回も裏返して焼きなおしたという。譚さんは最終的に、拼多多のアプリをアンインストールしたそうだ。拼多多の消費者の中には、同様のケースに遭遇した人が数多くいる。

 あるアナリストは、「長期的に見て、拼多多は現在の低価格路線から品質重視路線へ転換し、工場の製造現場での負担軽減や、コストパフォーマンスの向上を進めていかなければ、タオバオや京東(JD.com)などと競り合うことは難しいだろう」と指摘している。(c)東方新報/AFPBB News

※「東方新報」は、1995年に日本で創刊された中国語の新聞です。

最終更新:8/7(火) 12:05
東方新報