ここから本文です

Yahoo! JAPAN検索ランキング クルマ部門の上位3台を発表。あの新型セダンや本格軽4駆がランクイン

8/9(木) 9:05配信

carview!

8月2日、Yahoo! JAPANから昨年と比べ検索数が急上昇したワードを表彰する「Yahoo!検索大賞2018」の中間結果が発表され、クルマ部門では「クラウン」、「クロスビー」、「ジムニー」が上位にランクインした。

>>新型クラウンは歴史の呪縛を解かれパーソナルカーの性格を強めた<<

Yahoo! JAPANでは毎年12月に、1月1日から11月1日までの検索数上昇度ランキングを発表し、部門ごとのトップワードを表彰するとともに、パーソンカテゴリーの総合トップに「Yahoo!検索大賞」を贈っている。ネットサーフィンの入口として多くの人が利用するYahoo! JAPANの検索結果だけに、そのランキングは世の中の関心と深くリンクしているといっていいだろう。ちなみに、昨年の検索大賞は「ブルゾンちえみ」が獲得している。

今回、2018年の中間発表が行われ、6月30日までの上位3位(順不同)が明らかとなった。注目のクルマ部門でランクインしたのは、6月にフルモデルチェンジし、スポーティなデザインと新装備を採用した「トヨタ クラウン」。また、昨年12月にデビューしたコンパクトクロスオーバーSUV「スズキ クロスビー」、そして20年ぶりにフルモデルチェンジを受け4代目が発売されたばかりの本格軽4駆「スズキ ジムニー」の3台。納得の顔ぶれといえるのではないだろうか。

また、ともに発表された「一緒に検索されたワード」は、クラウンが「新型、カタログ、内装」、クロスビーが「評価、燃費、ハスラー」、ジムニーが「新型、シエラ、カスタム」となっており、世間のニューモデルに対する関心の対象がわかって興味深い。

2018年の最終的な結果は12月5日に発表される予定だが、年後半にはホンダ「CR-V」、レクサス「UX」などのデビューが予想されている。こうしたモデルがランキングに食い込んでくるのか否かも見所だ。

現在のところ大賞の候補となるパーソンカテゴリーには「大谷翔平」、「羽生結弦」などがランクインしているが、クルマ界からもこうした大物達と並ぶモデルが登場するのか。年末の結果発表に注目したい。

※本文中に誤りがあったため修正いたしました。(8月9日)
修正前:軽のクロスオーバーSUV
修正後:コンパクトクロスオーバーSUV

株式会社カービュー

最終更新:8/9(木) 15:30
carview!

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ