ここから本文です

ジャックルマロワ賞回避のジェニアル、フランスで続戦 今秋の出走目指す

8/8(水) 13:52配信

スポーツ報知

 調教中に放馬して外傷を負ったため、仏G1のジャックルマロワ賞(12日、ドーヴィル競馬場)の出走を取りやめたジェニアル(牡4歳、栗東・松永幹夫厩舎)は、順調なら秋にフランスで出走する予定であることが8日、分かった。

 松永幹調教師は「外傷したのは顔で、動くぶんには問題ないので。運動を始めていますし、近々軽く乗っていこうかと思っています。いろんな方に迷惑をかけました」と近況を説明した。また、僚馬のラルク(牝5歳、同)も9月中旬の準重賞に出走する予定。

最終更新:8/9(木) 8:01
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ