ここから本文です

陸上北京五輪リレー銅の高平さん「9秒台が当たり前だから日本のレベルも上がっている

8/8(水) 19:58配信

スポーツ報知

 08年北京五輪陸上男子400メートルリレー銅メダルの高平慎士さん(34)が8日、都内で陸上の普及イベントに出席。リオ銀の「リレー侍」や、100メートル9秒台突入を果たした桐生祥秀(22)=日本生命=らの活躍に沸く男子短距離界について「100メートルで言うと10秒を切って、世界で戦うのには9秒台が当たり前になっている。世界を見据えて、選手もコーチも(9秒台を目指すのが)自然になっているから、レベルが上がっている」と背景を説明した。

 この日のイベントでは、400メートルリレーのバトンパスのコツや、スターティングブロックからのダッシュの実演などで集まった参加者を沸かせた。昨季限りで現役を退いているが「陸上をいかに面白く、楽しく伝えられるか。東京五輪だけでなく、色々な大会を見て頂けるようにしていきたい」と今後も陸上競技の普及、発展に尽力していく考えだ。

最終更新:8/9(木) 22:42
スポーツ報知

あわせて読みたい