ここから本文です

青学大・原監督が舞台に挑戦!円谷さんの物語に特別監修として参加

8/8(水) 20:06配信

スポーツ報知

 今年の箱根駅伝で4連覇した青学大の原晋監督(51)が、1964年東京五輪男子マラソンで銅メダルを獲得した円谷幸吉さんの人生を描く舞台「光より前に~夜明けの走者たち~」の特別監修を行うことが8日、分かった。舞台を手がける演出家の谷賢一さん(36)が7、8日に青学大が合宿中の長野・菅平高原を訪れ、早速、意見交換を行った。

 陸上界の異端児を自任する原監督は昨秋、TBS系ドラマ「陸王」に陸上監修として参加。さらに特別出演するなど大きな話題を呼んだ。今度は舞台という新たな分野に進出する。「陸上をテーマにした舞台は今までほとんど聞いたことがない。演劇ファンには陸上を、陸上ファンには演劇を知ってもらえれば、それぞれの業界が相乗効果で活性化するでしょう」と意欲的に話した。

 演出家の谷さんは陸上は未経験。原監督のレクチャーを受けながら、青学大をはじめ菅平高原で夏合宿を行っている大学、高校の長距離ランナーの練習を真剣な表情で見つめた。「文化系の私にとって、とても新鮮な光景です。前だけを向いて懸命に走る選手の目の輝きに着想を得られました」と大きくうなずきながら話した。「谷さんがわざわざ菅平高原まで足を運んで陸上を知ろうとしていることに演出家としての情熱とこの舞台にかける本気を感じた。私も陸上面でサポートし、胸に迫る舞台づくりに貢献したい」と前向きに話した。

 舞台「光より前に~夜明けの走者たち~」は、円谷さんと、円谷さんのライバルで親友でもあった1968年メキシコ市五輪銀メダルの君原健二さんの物語。日大時代に箱根駅伝に出場しドラマ「陸王」にも出演した和田正人(38)、宮崎秋人(27)、木村了(29)、高橋光臣(36)、中村まこと(55)が出演する。東京公演は11月14日~月25日に紀伊國屋ホールで、大阪公演は11月29日~12月2日にABCホールで行われる。チケットは9月15日から一般発売される。

最終更新:8/9(木) 22:42
スポーツ報知