ここから本文です

【動画解説】台風13号 今夜関東に最接近 木曜朝の通勤通学は厳重警戒

8/8(水) 16:24配信

ウェザーマップ

 強い台風13号は水曜夜にも関東地方に最接近し、上陸する可能性もあります。木曜朝の通勤通学の時間帯は雨・風ともに強く交通機関が大きく乱れる恐れがあります。

 強い台風13号は速度を遅くしながらも北上を続けており、水曜日の昼前には関東の南海上200キロメートル付近まで進んできました。台風は今夜遅くから木曜朝にかけて関東地方に最も接近して上陸する恐れもあります。今回、関東に強い勢力で接近してゆっくりした速度で北上するので雨や風の影響が長引きそうです。

 水曜日の帰宅の時間帯には台風本体の雨雲がかかり始め、そのタイミングで風も非常に強くなりそうです。さらに深夜はより一層活発な雨雲がかかり、木曜日の朝の通勤通学の時間帯は大荒れの天気になるかもしれません。特に千葉県や茨城県などでは局地的に猛烈な雨の恐れがあり、東京都心でも道路が冠水するような非常に激しい雨の降る恐れがあります。

 こちらの東京・赤坂にあるビルでは、午前中にはすでに土のうが並べられ台風に備えていました。建物の向こう側をよく見ますと、この建物は車道から一段下がった敷地にあって、こうした場所では浸水が起こりやすい場所でもあります。東京・港区では台風による大雨対策などに利用してほしいと、区内22か所の公園に「土のうステーション」が設けられています。台風接近まで時間がなくなっていますので、早めの対策や避難を心がけるようにしてください。(気象予報士・吉野 元子)

最終更新:8/8(水) 16:33
ウェザーマップ