ここから本文です

未来のリモート会議、これで実現。Googleの電子ホワイトボードが日本発売。Googleドライブと100%連携

8/8(水) 12:02配信

bouncy

Googleの電子ホワイトボード「Jamboard」が日本でも発売。55インチの4Kディスプレイはタッチ対応。デジタルペンも使える。

遠隔地の人と画面を共有しながら手書きでクラウド会議ができ、たとえば、Jamboardに誰かが書き込むと、遠隔地の人にも表示。反対に遠隔地の人が書き込むと、Jamboardにも表示される仕組み。

Jamboardに手書きした内容は、文字認識してそのままテキスト化。Googleドライブの資料も参照でき、地図や画像、付箋もすべてJamboard上で使える。パソコンやタブレット、スマートフォンとの共有に対応。

発売は8月8日から。基本セットの価格は640,000円~。ソフトのライセンス料が年額7,700円。グループウェア G Suiteに対応するビジネス利用者向け。

なお、発表会に登壇したGoogleの武市氏は、競合製品となるMicrosoftのSurface Hubとの違いについて「クラウドとの親和性、OCRなどのAI機能、価格競争力」とコメント。

Viibar.Inc

最終更新:8/22(水) 11:37
bouncy

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ