ここから本文です

元トラック運転手の野望――ネットで話題の「ピザ自販機」、上陸するまでの執念

2018/8/8(水) 18:11配信

BuzzFeed Japan

せっかく作ったのに日本語非対応…!?

ベネチアで作られたピザ生地を手に入れ、自動販売機も無事完成した。『Pizza Self』は、Windowsが搭載されており、温度管理はもちろん、タッチパネル操作もできる。

「でも、イタリアで作ったので日本語のフォントが入ってなかったんです。そこをまず改善して。あと、日本とイタリアだと気候が違うので壊れやすいんです。耐久性もあげて日本に持ってこれるようにしました」

しかし、認可が下りるまでかなりの時間を要した。ピザ自販機は「飲食業」にもあたるからだ。新しい形態の申請に、広島県をこえ、厚生労働省にも話が及んだ。「無事、国からも許可が降りたので設置できるようになりました」。

「Let’s Pizza」を開発したいと思い始めてから8年。その間、一度企業で勤め人となり、開発資金を貯め、その後自分で会社を起こし、今に至る。

広がるピザの夢

無事、日本展開のめどがたった際、谷口さんは広島県の中小企業の経営支援を申請。これを見たTSUTAYAから声がかかった。こうして7月末に楠木店に設置することになったという。

「Pizza Self」には、連日人だかりができる。「今だけだと思いますけどね(笑)。行列もできて、本当に嬉しい限りです。日に何度か生地の補充に行くのですが、間に合わないくらいです」と谷口さん。

ほぼ一日中、自ら自販機にはりついてメンテナンスや補充に明け暮れる。実は、谷口さんにはさらなる野望がある。それは、日本製のピザ自販機を開発し、全国展開すること。

「イタリアから『Pizza Self』を2台日本に持ってきたんです。1台はこれ。もう1台は解体して、改良して増産しようとしてるんです。今すでに複数のメーカーさんと一緒に開発を始めています。ディスプレイで広告枠を販売できるようにしたり、アメリカピザの自販機も作る予定です」

目標は3年で100個の設置。「24時間365日、おいしいピザを皆さんに提供できるようにしたい」。

2/2ページ

最終更新:2018/8/9(木) 15:27
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事