ここから本文です

コーディングや長時間のWebブラウズ向けの13.3型E-Inkディスプレイ

8/9(木) 15:07配信

Impress Watch

 SKT株式会社は、中国Beijing Dasung Tech製13.3型E-Inkディスプレイ「Paperlike HD」を発売した。価格は149,800円。

【この記事に関する別の画像を見る】

 中国ではPaperlike 3として販売されている製品で、13.3型のE-Ink(Carta & Flexible)パネルを搭載したディスプレイ。画面解像度は2,200×1,650ドットで、DPIは207dpiとなる。

 PCなどに接続して、サブディスプレイとして利用されることを想定し、通常のPC用ディスプレイのように高速かつ低遅延な表示を謳う。

 反射型の表示による眼精疲労の軽減を目的として、長時間のWebブラウジングやプログラムのコーディングといったさいに、快適に利用できるとする。

 なお、ゲームや動画再生など画面の書き換えが激しいコンテンツの利用は、E-Inkの書き換え性能が低下してコントラストが悪化するため、非推奨としている。

 電源はUSB経由で、入力インターフェイスはMini HDMI。ミヤビックス製の保護フィルムも付属する。

 本体厚は71mmと薄型で、重量は650g。75×75mmのVESAマウントも対応する。残像消去やコントラスト調整、表示モードの切り替えなどは、付属ソフトウェアから行なえる。

 対応OSはWindows 7以降、macOS 10.11~10.14、Linux Ubuntu 16.04、iOSデバイス。Androidは動作未確認。

PC Watch,佐藤 岳大

最終更新:8/9(木) 15:07
Impress Watch