ここから本文です

広島がサヨナラ勝ちで5連勝 延長十一回に菊池が殊勲打 新井が突破口開く

8/9(木) 22:20配信

デイリースポーツ

 「広島3-2中日」(9日、マツダスタジアム)

 広島がサヨナラ勝ちで中日との延長戦を制し、5連勝を飾った。延長十一回、菊池がサヨナラ打を放ち、試合の幕を引いた。広島のサヨナラ勝ちは今季5度目。

【写真】珍事 3ボールから見逃してボールの判定でも四球にはならず…

 2-2のまま迎えた延長十一回1死。突破口を開いたのは、代打・新井だった。大歓声に迎えられて打席に入ると、期待に応えてロドリゲスからしぶく右前打。代走の上本はすかさず二盗を決めた。田中が四球を選んで一、二塁と好機を広げると、2番・菊池だ。狙い澄まして右前へ打球を運んだ。

 延長十一回に登板した一岡が3勝目。先頭の京田に四球を与え1死満塁の大ピンチを招くが、高橋をフォークで空振り三振、荒木を右飛に仕留めて味方の反撃を待った。

 中日に先手を取られた広島だったが、1点を追う四回、西川の適時打で同点に追いついた。

 七回には2番手の佐藤から連続四球で無死一、二塁と追加点の絶好機を作ったが、鈴木、バティスタ、野間が連続三振に倒れ、追加点を奪えなかった。

 先発の岡田は8回を5安打6奪三振2失点と試合を作った。

 阪神が巨人に勝ったため、広島のマジック点灯はならなかった。