ここから本文です

噂は本当だった? 『コミケ』最寄りのベローチェ、店長クラス集結で臨戦態勢

8/9(木) 17:00配信

オリコン

 世界最大規模の同人誌即売会『コミックマーケット94』が10日から3日間東京ビックサイトで開催される。毎回、約50万人もの二次元ファンがお目当ての同人誌や、コスプレイヤーを求めて集まる。コミケ開催時は周辺施設にも人があふれ、会場最寄りの『カフェ・ベローチェ有明店』は一時の“オアシス”となる。以前より同店舗は「コミケ期間、店長クラスの精鋭を集め接客にあたっている」という噂がチラホラ。その真相をカフェ・ベローチェを運営する株式会社シャノアールに聞いた。

【写真623枚】暑さのせいで肌みせ続出? 『コミケ92』のコスプレ美女が大集合

■“噂の真相”に担当者は「はい、本当です」“通常の3倍”の数の店長級社員が接客

 コミケ期間のカフェ・ベローチェ有明店については、以前からSNSで「コミケの期間中、ベローチェの店員の胸のプレートが『店長』ばかりになるので、各店から精鋭が集まってるんだなって思うと胸熱。アイコンタクトと手のサインだけで店内の空き席確認して、お客を誘導してくれるよ! 」「全員店長で臨戦体制と噂のベローチェへ来た。ものの10分で入店、謎の暗号でやり取りしてた」などと話題になっていた。

 その“噂の真相”について、担当者は「はい、本当です」と即答。「多くのお客様がご来店して頂けるので、より迅速に対応できるよう、有明店周辺エリアの店長が集まって運営をしています」と企業努力のほどを明かした。

 平時と比べての増員人数は「平時は、アルバイトスタッフと店長で3~6人程で運営しておりますが、コミケ開催中は業務熟練度の高い店長を中心に10~20人程で運営します」と通常の3倍程度の増員を呼び、顧客に対応する。この制度は1998年3月に同店舗がオープンし、その翌年から行っているという。

 店長クラスの精鋭は「適材適所を考慮して、営業部長が有明店周辺エリアの店長を選抜招集しています」とのこと。コミケやアニメ、漫画といったカルチャーに詳しいスタッフが優先されることはないが、「(招集されたスタッフの中には)接客していくうちに詳しくなっていく社員もいます」と担当者。

■酷暑に対して朝4時開店の“神対応”でコミケ戦士のオアシスを目指す

 多くの顧客が押し寄せるコミケ開催時の接客対応に関して、担当者は「スムーズな商品のご提供・ご案内ができるように、普段以上にスタッフ間での連携が必要となります。そのため、コミケ開催中のタイムスケジュールの作成や各ポジションでの事前打合せは綿密に行っています」とコミケ対策を練って、“神対応”。さらに「開店時間を朝4時からに変更し、朝から入場に並ばれる方々にも対応できるようにしております」と早朝から冷たくおいしいコーヒーを準備して、万全の受け入れ体制を取っている。

 特に今年は圧倒的な酷暑となっているだけに「できるだけ早く店内にご案内できるよう工夫したいと考えております。外では、日陰や風通しの良い場所で並んでいただくなど、熱中症対策を検討しています」と列をなす顧客にも充分配慮することを明かした。

 一時の“涼”を求めて顧客が殺到する可能性もあるが「店内が混雑した場合には、ケガや事故がないように細心の注意を払っています。また、常にお客様が心地よく、くつろげる時間を提供できるよう店舗運営に取り組んでおります」と“コミケ戦士のオアシス”として、おもてなしを行うことを誓っていた。

 やはりコミケ開催時は売上も顧客数も上がる。過去に顧客数は「通常の約4倍」、売上は「8倍」になったこともあるという。また「店舗前にキッチンカーを用意し、練乳入りのかき氷を限定メニューとして販売予定。味は、『いちご・ブルーハワイ・もも・マンゴー』の4種類」とテイクアウトできるメニューも用意。そこまで“総力戦”で配慮して、コミケに店長級の精鋭社員を用意する噂の真相は本当だった。ちなみに店名の「ベローチェ」とは、イタリア語で「迅速」という意味だそう。神対応でどこよりも速い対応を行ってくれるであろう『カフェ・ベローチェ有明店』は、文字通りコミケにとってのオアシスのようだ。

最終更新:8/11(土) 11:55
オリコン

Yahoo!ニュース特設ページ