ここから本文です

「学校の恥だよ」「ずる賢いばかは嫌い」 日大、チア監督を解任 女子部員が恫喝などパワハラ訴える

8/9(木) 20:46配信

産経新聞

 日本大学は9日、同大の運動部を統括する保健体育審議会(保体審)が、応援リーダー部(チアリーディング)の監督を同日付で解任したと発表した。女子部員が監督から暴言などのパワーハラスメントを受けたと訴えており、学生の指導に支障を来すことが懸念されると判断したという。学内の人権救済委員会で調査中で、パワハラを認定するか近く結論を出すとしている。

 同大は監督の名前などを公表していないが、関係者によると女性という。

 一方、女子部員の代理人弁護士は9日、「2月上旬に監督からパワハラがなされ、女子部員が自殺を図ろうとするまでに追い詰められた」として、女子部員が作成した文書と家族のコメントを公表した。

 女子部員側は保体審に仲裁を求めたが断られ、学内のハラスメント防止窓口に相談しても解決につながらなかったとしている。

 文書では、全部員の前で「大雪の日に事務員に頼んで練習をなくそうとした」などと事実でない叱責をされたり、出身高校のウエアを着用していたことを「学校の恥だよ。今すぐ脱げ」ととがめられたりしたと訴えている。監督はけがの具合にも疑いをかけ「ずる賢いばかは嫌い」と暴言を吐き、大会に強行出場させようとしたとしている。

 同大は、アメリカンフットボール部の悪質反則問題を受け、「学生の皆さんを必ず守ります」などとする文書を出したばかりだった。

最終更新:8/9(木) 20:50
産経新聞