ここから本文です

「ユニフォームを脱ぐ覚悟はできたが引退とは言わない」元巨人・村田修一の男の引き際とは

8/9(木) 14:08配信

テレビ東京スポーツ

そこに秘められたドラマをあなたはまだ知らない。男の生き様は引き際にこそ表れる。7月31日。野球をやめる覚悟をした日、村田修一は家族といた。

【動画】元巨人村田修一の決断>「引退」の2文字を使わなかった理由。家族に伝えた思いとは

野球も人生も、逆転ホームランなどそうは打てない。しかし、あきらめずにそこに賭ける姿を、村田は家族に見せ続けた。NPBからの誘いはついに来なかった。だがそれも運命。村田も家族も、運命の日に見た花火を生涯忘れないだろう。

去年10月、村田はまだ運命を知らなかった。FA権を取得した村田は次のシーズンについて、たとえ出番が減ることになっても巨人に残りたいと口にする。

だがその翌日、突きつけられた戦力外通告。密着4年、プロの浮き沈みを村田は隠さなかった。2000本安打目前。非情の仕打ちで流れ着いた栃木。スポットライトの届かない独立リーグでも持つ信念は揺るがなかった。

スターの没落。意地悪に見たらそうかもしれない。しかし、まばらな観衆の前でも全力プレーを怠らない、その格好よさが村田にはあった。花火のように散ってしまうのはあまりにも寂しい。

「ユニフォームを脱ぐ覚悟はできたが引退とは言わない。」村田は会見でそう述べた。もがき続けたたこの半年の、それが結論だった。引退という呼び方を避けたのは球界への問題意識があったからだった。

歩みを4月から振り返る。

両親が見つめる中、独立リーグの一員として村田は開幕を迎えた。三人の子供たちも駆けつけた。

ユニフォーム姿の父を無邪気に応援する三男のえいごくん。中学生になった長男、じゅんやくんは父の決断の重みを知っている。引退に傾いた心を引き戻した家族の意見。独立リーグでプレーしながらNPBのオファーを待つ。保障のない選択はそうしてなされた。

そして5月、古巣巨人との対戦は村田にとって最悪のタイミングで訪れた。開幕後まもなく傷めた太腿。

練習もできない状態だった。しかし終盤、無理をして打席へ。代打逆転ホームラン。これが独立リーグでの第一号だった。

男、村田。若手はこぞって彼を慕うようになっていた。チームに溶け込むのと同時に成績も上がる。役者の違いを見せ付け6月の月間MVPに輝いた。

1/2ページ