ここから本文です

日本、7戦全勝でグループリーグ1位通過!強豪・オーストラリアに6回コールド勝ち!<世界ソフト>

8/9(木) 21:51配信

テレビ東京スポーツ

日本 8-1 オーストラリア<秋津野球場>

今年で第16回大会を迎え、五輪出場権と世界No.1の称号をかけて熱戦が繰り広げられている世界ソフトボール選手権、大会8日目・グループリーグ最終戦の第7戦に日本代表・ソフトジャパンは世界ランキング4位のオーストラリアを8-1のコールド勝ちで下し、グループリーグ7戦全勝で1位通過を決めた。

【動画】世界ソフト 上野由岐子 三振集

初回に4番・山本優(ビックカメラ高崎)が3ランホームランで先制すると、3回には山田恵里(日立)がソロホームランでリードを4点に広げる。

先発の藤田倭(太陽誘電)は4回オモテにオーストラリアに1点を返され、2死満塁の場面で降板。2番手の上野由岐子(ビックカメラ高崎)は2アウト満塁のピンチも見逃しの三振で切り抜ける。

その裏の回には降板した藤田が2ランホームランで貴重な追加点を挙げ6-1。6回には河野美里(太陽誘電)が2点タイムーリーヒット。日本がオーストラリアに8-1の6回コールド勝ち。日本は7戦全勝の無敗でグループリーグ1位通過を決めた。

テレビ東京