ここから本文です

東栄商店、X線金属分析器導入 品質管理体制を強化

8/9(木) 12:26配信

日刊産業新聞

 金属スクラップの加工・販売を手掛ける東栄商店(本社=愛知県西尾市法光寺町西田25、東明穣太郎社長)はこのほど、携行型のX線金属分析器を導入した。スクラップ発生先の製造企業で使用金属の多様化が進んでいることに対応するもので、自社品質管理体制を強化するとともに従業員の知見向上も図る考えだ。

最終更新:8/9(木) 12:26
日刊産業新聞