ここから本文です

台風13号 東北太平洋側は高波に警戒 台風14号は週末にかけて沖縄・奄美へ接近

8/9(木) 23:37配信

ウェザーマップ

 台風13号は三陸沖を北上しており、東北太平洋側の海上では強い風が吹き、大しけとなっている。引き続き、10日(金)明け方にかけてうねりを伴った高波に警戒が必要だ。

 台風13号は、9日午後9時には石巻市の東南東約120キロにあって、1時間におよそ20キロの速さで北北東へ進んでいる。中心の気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は35メートル。

 今後、台風は勢力を弱めつつ東北地方の海上から離れ、10日夜までには日本の東で温帯低気圧に変わる見込み。

暴風・高波に警戒

 東北太平洋側の海上では強い風が吹き、大しけとなっている。暴風は9日まで、大しけは10日明け方にかけて続く見込み。
 東北地方で10日にかけて予想される波の高さは7メートル。引き続き、暴風やうねりを伴った高波に警戒が必要だ。

台風14号 11日には沖縄・奄美へ接近

 また、台風14号は日本の南にあってほとんど停滞しているが、10日には北西に向かう予想で、11日は沖縄・奄美に近付く予想となっている。
 沖縄・奄美地方では次第に波が高くなるため、海のレジャーなどは注意が必要だ。

最終更新:8/9(木) 23:37
ウェザーマップ