ここから本文です

岸本英雄・玄海町長が退任 人口減、歯止めできず悔い

8/9(木) 10:15配信

佐賀新聞

 玄海原発が立地する東松浦郡玄海町の町長を3期務めた岸本英雄氏(65)が8日、退任した。退任式では「ついこの間、町長になったばかりのよう。12年が思った以上のスピードで通り過ぎていった」と振り返り、参加した職員約80人に「誇りを持って町民のため、ひいては自分のために仕事をして」とエールを送った。

 人口減に歯止めがかからなかったことに触れ「私の責任。今後も自分の悔いとして死んでいくのかなと思う」と述べた。その上でこれからの町づくりについて、職員に「10年、20年後にどういう町にしていけばいいのかをきちんと考えて」と促した。

 式後、職員から花束を受け取った。中には町長の似顔絵が描かれた手作りのうちわを振る職員もいた。岸本氏は「町で見かけたら声を掛けてほしい。寿命が延びる気がする」と笑顔を見せた。

最終更新:8/9(木) 10:15
佐賀新聞