ここから本文です

子どもに「手」が届く範囲で遊んで プール監視員、保護者への切実な呼びかけ 「危機感を持ってほしい」

8/13(月) 7:02配信

withnews

 小さな子どもがプールで溺れるのを防ぐため、東京のとあるプール施設が「手の届く範囲でご一緒に遊ばれますよう、お願い申しあげます」と保護者に注意を呼びかけています。「目を離さないで」はよく聞きますが、「手の届く範囲」とは一歩踏み込んでいる印象です。その理由を監視員の責任者に聞きました。(朝日新聞文化くらし報道部記者・滝沢卓)

【イラスト】子どもは静かに溺れます! 医師が注意喚起 実際と想像の違いがこんなにも

放送で繰り返し注意呼びかけ

 このプール施設は、東京都の立川市と昭島市にまたがる国営昭和記念公園の「レインボープール」。約6万3000平方メートルの敷地に、人工の波が打ち寄せる大波プールや流水プールなど、大小9つのプールがあり、例年7月下旬~9月上旬のオープン期間に約20万人が訪れます。

 8月上旬に実際に訪れてみると、敷地内の放送でこんな注意喚起が流れていました。

 「事故防止、迷子防止のため、小さなお子様からは絶対に目を離さず、手の届く範囲でご一緒に遊ばれますよう、お願い申しあげます」

 放送はさらに、こう続きます。

 「小さなお子様だけでの遊泳を監視員が発見すると、水深問わず、監視員が危険と判断した場合、一度プールサイドにあがっていただき、監視員テントで保護する場合がございます。あらかじめご了承ください」

 こうした注意喚起を、プールサイドにいる監視員がマイクを通じて呼びかけていました。記者が訪れた日は、5分もたたないうちに、繰り返していた時もありました。

 プールの運営担当者によると、レインボープールに入場するには、6歳未満の子どもは保護者の付き添いが必要。さらに、泳げるかどうかに関係無く、大波プールや流水プールなど、水深1メートル以上のプールでは、身長120センチ以下の子どもも同様です。そのうえで保護者に「手の届く範囲で」と呼びかけています。

「目の届く範囲」は危険な場合も

 レインボープールでは毎日約70人の監視員が業務にあたっています。こうした注意喚起をしている理由を、監視員の責任者を務める上野和明さん(63)に聞きました。

 「子どもを『目の届く範囲』で監視するというのは、実はとても漠然としています。仮に15メートル先のプールで子どもが遊んでいても、目の届く範囲かもしれない。例えば、大人がプールサイドにいて、子どもがプールの中で1人でいるといったケースです」

 問題は、目を離していなかったとしても、子どもが溺れた時にすぐに対応できないこと、と上野さんは指摘します。

 「映画のように水中でジタバタするケースはほとんどなく、静かに溺れることが多い。子どもの近くにいなければ、その瞬間に気づくのは相当難しいです。保護者のかたにはそうした危機感を持ってほしい。監視員も急いで助けに向かいますが、小さなお子様の場合はまず手が届く範囲で気をつけて遊んでほしいと思います」

1/2ページ

最終更新:8/13(月) 7:02
withnews