ここから本文です

AC/DC、スタジオ付近でブライアン・ジョンソン、フィル・ラッド、アンガス・ヤングらの姿が捉えられる。新作制作中かと噂に

8/10(金) 12:39配信

rockinon.com

バンクーバーのレコーディング・スタジオの外にて、AC/DCのブライアン・ジョンソンとフィル・ラッドが談笑する様子とアンガス・ヤングの写真が撮影され、往年のメンバーたちがカムバックし新作を制作中なのではと噂されている。

ブライアン・ジョンソンとフィル・ラッドを捉えた写真、そしてアンガス・ヤングと甥のスティーヴィー・ヤングを捉えた写真は、「Consequence Of Sound」で紹介されている。


ここ数年、AC/DCではメンバーの入れ替わりが続いていた。昨年の11月にはマルコム・ヤングが享年64歳で逝去し、スティーヴィー・ヤングがリズム・ギタリストとして加入。

長年ドラマーを務めたフィル・ラッドはニュージーランドでの深刻な法的問題に巻き込まれ、2014年の『ロック・オア・バスト』の制作には参加したものの、ツアーには不参加。彼の代わりはクリス・スレイドが務めた。

そして2016年、ボーカルのブライアン・ジョンソンは、永久的な難聴の恐れがあるとしてツアー途中離脱を余儀なくされた。この年『ロック・オア・バスト』のツアー終了まで彼の代わりを務めたのはガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズである。

さらにその上、ベーシストのクリフ・ウィリアムズが2016年9月のツアー終了後、バンドを引退すると宣言した。

こうした紆余曲折を経て、今回、ブライアン・ジョンソン、フィル・ラッド、そしてアンガス・ヤングという往年のメンバーに加え、故マルコム・ヤングに代わってリズム・ギタリストを務めるスティーヴィー・ヤングの4人の姿が捉えられることとなった。

この件に関し、本記事執筆時点ではAC/DC側の公式コメントなどは発表されていない。

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:8/10(金) 12:39
rockinon.com

あなたにおすすめの記事