ここから本文です

掛川の市民有志、W杯へラグビー応援団体を結成

8/10(金) 8:26配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 2019年に日本で開かれるラグビーワールドカップ(W杯)を地域から盛り上げるため掛川市の市民有志が「ラグビー掛川サポーターズ」を結成し、8日夜に掛川商工会議所で決起集会を開いた。約90人が参加し、競技熱を高めようと気勢を上げた。

 トップリーグの現地観戦や市民向けイベントの開催などを通じてW杯をPRし、ラグビーの魅力を広める。発起人で代表を務める松本均さん(54)は「“お城とお茶とラグビーの街”掛川というくらい盛り上げ、自分たちも楽しめる会になるといい」と話した。

 ヤマハ発動機ジュビロ所属で日本代表も経験した山村亮選手、伊東力選手をゲストに招いてW杯の見どころを聞いたほか、パス交換を体験して一流選手のプレーに触れた。

 伊東選手は「日本は前回大会の活躍で強いチームと認識されている。重圧を越えていけるか注目したい」と話し、山村選手は「国内の盛り上がりを試合にぶつけて、みんなを感動させてほしい」と代表にエールを送った。

 同会は、9月15日に磐田市のヤマハスタジアムで開かれるトップリーグのジュビロ戦で観戦イベントを開く。

静岡新聞社

Yahoo!ニュース特設ページ