ここから本文です

「ゴジラ」と「Pepper」が融合した「ゴジペッパー」日比谷シャンテに襲来

8/10(金) 10:00配信

Impress Watch

 日比谷シャンテに8月10日から、「ゴジラ」と人型ロボット「Pepper」が融合した「ゴジペッパー」が出現。近未来の消費体験を創造するプロジェクト「HIBIYA 2018」で実施している各種サービスを、音声と胸のタブレットで案内してくれる。設置期間は8月10日~8月23日まで。設置場所は日比谷シャンテ3F「HMV&BOOKS 日比谷コテージ」前の展示エリア。

【この記事に関する別の画像を見る】

 日比谷シャンテで実施中の、近未来の消費体験を創造するプロジェクト「HIBIYA 2018」の特別企画として作られたもので、東宝のゴジラと、ソフトバンクロボティクスのPepperが融合、日本マイクロソフトのMicrosoft Azureも活用して完成した。

 もともと「HIBIYA 2018」でPepperの設置企画があり、「せっかくだったらおもしろくしたい!」という想いをソフトバンクロボティクスへ相談したところから、ゴジラとPepperを融合させる超極秘プロジェクトがスタート。プロジェクトチームには日本マイクロソフト、ソフトバンクロボティクス、東宝に加え、モメンタムジャパンも参加。構想から完成まで約6カ月かかった「まさに英知の結晶」だという。

 Pepperに、ゴツゴツ感などディテールにこだわったゴジラのリアルな背びれと尻尾が融合。オーダーメイドでPepperの体にぴったりフィットする、世界に一つしかない背びれと尻尾だという。

 HIBIYA 2018では、日比谷シャンテ地下2階の休憩スペースに、モニターとカメラを搭載。Microsoft AzureのCognitive Servicesを使い、AIがモニターの前にいる人の年齢、性別、表情などを分析。オススメ映画の予告編を放映するシステムを設置。

 さらに、日比谷シャンテ内のサービス実施店舗に混雑状況を管理するセンサーを設置。Azureで構成されたリアルタイム空席管理プラットフォーム「VACAN」を通じ、館内に設置されたデジタルサイネージに各店の空席状況をリアルタイムで表示し、混雑時のストレスを軽減。

 地下2階の一部店舗では、Azureを活用した注文・決済システム「Putmenu」も導入。お店に入って食べたいメニューを事前にスマホで注文して決済も完了。レジ待ち、注文待ちの無駄な待ち時間がない、スマートな飲食体験を実現している。

 ゴジペッパーは、こうしたサービスを音声と胸のタブレットで紹介してくれる。

AV Watch,山崎健太郎

最終更新:8/10(金) 10:00
Impress Watch