ここから本文です

ニコン、フルサイズミラーレスカメラのティザー動画を続々公開中

8/10(金) 15:50配信

Impress Watch

ニコンは7月23日から、同社Webサイトで新型カメラを予感させるコンテンツを複数公開している。ここで8月10日時点の内容をおさらいする。

・7月23日:スペシャルサイト公開。新型カメラを予感させる映像が初公開
・7月25日:「新マウント採用のフルサイズミラーレスカメラ」開発発表
・8月23日:“ニコンの特別な発表会”ライブ配信日
・9月1日~:全国7都市の巡回イベント「ニコンファンミーティング2018」

8月23日13時(日本時間)から“特別な発表会”のライブ配信が予告されており、7月25日に開発発表された「新マウント採用のフルサイズミラーレスカメラ」の正式発表が期待できる。9月1日からは、日本の7都市を巡回する「ニコンファンミーティング2018」も決定している。

8月23日に正式発表され、9月1日からのファンミーティング会場で実機を試せる、というのが予想できる流れといえよう。

■その後のティザー動画

8月に入ってから、それぞれ30秒程度の動画「MOUNT」と「BODY」の2本が公開されている。

「MOUNT」は、ニコンFなど歴代一眼レフカメラのマウント部がアップになる映像。マイナスネジ4本で固定されたシンプルな見た目のFに始まり、最新のD5ではビスも増え、AFカップリング、電子接点、可倒式の連動ガイドなど多機能になっていることがわかる。ラストシーンでは、新マウントのバヨネットが4枚爪(Fマウントは3枚爪)で、取り付け指標とレンズ脱着ボタンが3時位置に見える。

バヨネットの形こそ1959年から変わらなかったニコンFマウントだが、あらゆる機能の“建て増し”を実現してきたマウントでもある。新型ミラーレスカメラに用意されるというFマウントアダプターが、その連動機能をどこまでサポートするのか楽しみだ。

「BODY」は、ニコンI型からニコンD5までの様々な操作部がクローズアップされる。具体的にはシャッター速度ダイヤル、レリーズボタン、ファインダーの接眼窓、電源レバーなど。新しいフルサイズミラーレスカメラが、玄人好みの操作性であることを期待させる。

ニコンイメージングジャパンが運営するTwitterアカウントの「ニコンちゃん」も、新しい動画が公開されるごとにチラ見せ画像を掲載している。

【スペシャルサイト・新ムービー「BODY」!】
長年に渡り、カメラを追求してきたニコン。妥協のない、モノづくりの姿勢は、新たなシステムにも受け継がれます。

スペシャルサイトこちら→ https://t.co/Lz1nnmNyl8 #ニコン #Nikon #ニッコール #NIKKOR pic.twitter.com/lyv9brrCsf

― ニコンちゃん (@nikon_chan) 2018年8月10日

デジカメ Watch,本誌:鈴木誠

最終更新:8/10(金) 15:50
Impress Watch