ここから本文です

慰安婦問題解決へ「日本と議論」=研究所開設で韓国女性相

8/10(金) 17:43配信

時事通信

 【ソウル時事】韓国政府は10日、慰安婦問題の体系的な研究を目指す「日本軍慰安婦問題研究所」を設立し、ソウル市内の事務所で開所式を行った。

 鄭鉉栢女性家族相は記者団に対し、「戦争と女性の人権、平和の問題は日本政府と共に追求し、解決しなければならない問題だと思う。日本政府とはこうした問題を今後、議論しながら解決していくよう努力したい」と語った。

 慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的解決」をうたった2015年の日韓政府間合意を研究の対象とするかどうかについては「今後、研究の方向性を検討していく」と明言を避けた。

 研究所所長を務める金昌禄・慶北大学法科大学院教授は日韓合意に批判的な見解で知られており、「私が学者として持っている立場に変わりはない」と強調。一方で、「合意と研究所発足を関連付けるのは難しいと思う。どうして関連付けるのかよく理解できない」と不満を漏らした。 

最終更新:8/10(金) 18:20
時事通信