ここから本文です

北朝鮮外相「核の知識は保持する」 イラン訪問で発言

8/10(金) 22:16配信

朝日新聞デジタル

 イラン学生通信は9日、イランを訪問した北朝鮮の李容浩(リヨンホ)外相がテヘランでラリジャニ国会議長と会談した際、「我々は非核化を進めているが、米国が敵意を捨てないことはわかっているので、核の知識は保持する」と発言したと伝えた。

 同通信によると、ラリジャニ議長も米国について「イランは米国と交渉を重ねた経験があるが、米国は約束を守らない」と批判。李氏は「北朝鮮とイランは米国の制裁のもとで同じような問題を抱えている」と応じ、「米国も約束を守る必要があるが、彼らはそれを拒んでいる」と不信感をあらわにした。米国と緊張関係にあるイランと北朝鮮が、対米批判で歩調を合わせた形だ。

 北朝鮮の「労働新聞」(電子版)によると李氏は7~9日にイランを公式訪問した。イラン大統領府によると、李氏はロハニ大統領とも会談し、トランプ政権によるイランへの経済制裁の一部再開について「国際ルールに反している」と述べた。(イスタンブール=高野裕介)

朝日新聞社