ここから本文です

羽黒2年生エース・篠田熱投も1回戦敗退…来年こそ勝つ!

8/11(土) 5:59配信

スポーツ報知

◆第100回全国高校野球選手権記念大会第6日 ▽1回戦 奈良大付4-1羽黒(10日・甲子園)

 15年ぶり2度目の出場の羽黒(山形)は奈良大付(奈良)に1―4で敗退。夏の初勝利はならなかった。羽黒は今大会から背番号1となった2年生右腕・篠田怜汰が、今夏初先発ながら8回2/3を12安打4失点と粘投。「1番・三塁」の鈴木倫(2年)が5回2死二塁から中前に適時打を放つなど、2年生がハツラツとプレー。勝利に届かなかった悔しさを最上級生となる来年に晴らすと誓った。

 自然と涙がほおを伝った。9回2死一、二塁。一打同点の場面で、渡部大地右翼手(3年)が遊飛に倒れ試合が終わると、勝利を信じて声をかけ続けた羽黒ナインは肩を落とした。今夏初先発だった背番号1の篠田は「先輩たちに引っ張ってもらったのに応えられなくて申し訳ない」と声を詰まらせた。

 感謝の思いをマウンドで表現した。2年生右腕は、この日最速144キロの直球を主体に146球の粘投。0―1の5回無死一塁から緩い変化球を痛打され、2点本塁打を許したが「バックを信じてしっかり投げよう」。直後の6回には3者連続三振を奪うなど、今大会のチーム打率(4割5分8厘)が出場校の中で最も高い相手に、9回2死まで攻めの投球を貫いた。

 東京・足立区で生まれ育った。遊撃手として都内のシニアチームから木更津総合(千葉)など関東の強豪を目指していたが、中学3年夏の大会の直前にバスケットボールで遊んでいた際に両手首を骨折。全治3か月で、最後のアピールの場を失った。

「どこにもいけないかもしれない」という不安の中、救いの手をさしのべてくれたのが、同じシニアの先輩が進んでいた羽黒だった。「当時はどこにあるかも知らなかった。拾ってもらったという気持ちだった」

 中学1年の時に故障していた右肩も治し、昨冬は経験のなかった雪上での走り込みなどで下半身を強化。今春から主力投手の一角となり、入学時は130キロ前後だった直球も、夏 の山形大会では最速145キロまで伸びた。そして、甲子園を前に勝ち取った背番号1。「責任を感じていた。みんなの思いを感じて投げた」。勝利には届かなかったが、エースとしての心意気は最後まで見せた。

 試合後、篠田を含め2年生の出場4選手は土に手を触れなかった。「これからもっと成長して、来年は春も夏もここで勝って借りを返したい」と篠田。甲子園で味わった興奮、感動、そして悔しさ。肌で感じた思いを胸に、一回りも二回りも大きくなって戻ってくる。(遠藤 洋之)

最終更新:8/13(月) 8:47
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/15(水) 12:30