ここから本文です

『バチェラー』美女・鶴あいか、番組出演で生活一変「チャンス広がった」

8/12(日) 19:19配信

オリコン

 一人の男性を巡って25人の女性が争う恋愛リアリティー番組『バチェラー・ジャパン』(Amazonプライム・ビデオ)の1stシーズンに出演した鶴あいか(35)が12日、東京・秋葉原のソフマップで2ndDVD『愛のかたち』(竹書房)の発売記念イベントを開催。同番組がきっかけで生活が大きく変わったことを振り返った。

【イベント写真】しなやかなボディでDVDをアピールする鶴あいか

 昨年、放送された1stシーズンで鶴は姉御肌を見せ、自身の恋愛だけでなく、ほかの出演者もサポート。その姿に女性を中心に多くのファンが釘付けとなった。鶴は「『バチェラー』以降、生活は一変しましたね」としみじみ。

 「結婚を真剣に考えて、メディアの前で振られるという恥ずかしいことはあったんですけど(笑)。それと引き換えに女の第2の人生を歩めるようになった。こうして体を張ったグラビアもさせていただけますし、本来、目指していた女優業のチャンスも広がった。これからも、みなさんに応援していただけたらな」と、ほがらかな表情。TBS系の連続ドラマ『チア☆ダン』(毎週金曜 後10:00)や大阪・ABCテレビのバラエティー『ザキ山小屋』(毎月第2金曜 深1:34)に出演するなど、活動の幅を広げていることをうれしそうに報告していた。

 『バチェラー』に出演した際は劇団員やナレーションの仕事をしていたが、現在はグラビアアイドルとしても活躍中。バチェラー効果もあり「女性のお客様が応援してくださったりしている。私自身は古風なタイプなので、グラビアをやってもいいかなとファンの女の子に聞いたら『鶴さんの体はアリ』と言われた。これからも自信を持って。殿方にも淑女にも気に入ってもらえたら」。ちなみに『バチェラー』以降の恋愛事情については「うふふ…、そうだなぁ…」と溜めて「内緒にしておきます」と小悪魔っぽく笑いながらベールに包んだ。

 同作は3月に沖縄で撮影。「仲睦まじい夫婦の前に、昔の想い人が現れ、平凡だった女性が大胆になっていくというストーリーです」とにっこり。オススメは「車の中のシーンですね。ドキドキ感を味わえる」とアピールしていた。

最終更新:8/14(火) 8:25
オリコン