ここから本文です

三菱UFJ銀行の給料はどのくらいか

8/10(金) 8:00配信

LIMO

シリーズでお伝えしている「企業年収給与研究」。最新の有価証券報告書をもとに注目企業の従業員の年収・給与や従業員数を見ていきましょう。今回は日本を代表するメガバンクである三菱UFJ銀行です。

三菱UFJ銀行の平均年間給与はいくらか

三菱UFJ銀行(提出会社)の2018年3月31日時点での平均年間給与は773.3万円と700万円を超えています。また、従業員の平均年齢は37.5歳となっており40歳を下回っています。平均勤続年数は14.1年となっています。

ただし、今回の場合は三菱UFJ銀行(提出会社)のデータを示したものであり、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の数値ではありません。

三菱UFJ銀行の従業員数は何人か

有価証券報告書の提出会社(単体)の従業員数は2018年3月31日時点で3万4101名。事業セグメントごとの内訳は以下の通りです。

 ・リテール部門:1万4683名
 ・法人部門:7777名
 ・国際部門:6185名
 ・市場部門:1100名
 ・その他部門:4356名
また、三菱UFJ銀行の連結従業員数は8万6058名となっています。連結では8万人を超えます。まさに連結としてどのようにマネジメントをしていくのかがカギとなる規模といえるでしょう。セグメントごとの従業員の内訳は以下の通りです。

 ・リテール部門:1万5652名
 ・法人部門:9390名
 ・国際部門:5万1203名
 ・市場部門:1100名
 ・その他部門:8713名

過去5年間の業績推移

三菱UFJ銀行(連結)の業績推移についても見ておきましょう。

まず、連結経常収益ですが、過去5年をみると増収が続いています。2018年3月期には連結経常収益は4兆2778億円となっています。

連結経常利益については、連結経常収益の傾向とは異なり、減益傾向が継続しています。2014年3月期には1兆2175億円の水準であったものが、2018年3月期には9016億円にまで減少しています。

親会社株主に帰属する当期純利益も連結経常利益と同様に減少傾向で、2014年3月期には7543億円あったものが、2018年3月期には5753億円にまで減少しています。

1/2ページ

最終更新:8/10(金) 8:00
LIMO

あなたにおすすめの記事