ここから本文です

まだ間に合う! この夏泊まりたい高原&避暑地の宿

8/10(金) 21:42配信

ELLE ONLINE

連日、全国で「観測史上初」な高温を記録し、今にも溶けちゃいそうな日本列島。台風で一旦気温は下がったものの、また暑さが戻る模様…。「なんだか身体がダル重~」と感じたら、空気の澄んだ高原&避暑地へエスケープしてみない? パートナーとの二人旅にもぴったりの大人な宿を、エル・ライフスタイル部のエディターがピックアップ。

那須高原の「THE KEY HIGHLAND NASU」selected by エディターMY

私だってこの猛暑から逃げたい! ロマンティックな宿でゆっくりしたい! おいしいものを食べてワイン飲みたい! ……そんな思いを叶えてくれる秀逸な宿がまた一軒、那須にお目見えしました。ここ最近、軽井沢に負けないスタイリッシュな高原リゾート地として人気急上昇中の那須ですが、その理由はきっと、飾らない魅力にあふれ、おいしいものがたくさんあること。この宿も、そう、とても「那須っぽい」のです。敷地面積9000坪超えというから、どれだけ広いのかもうよくわからないレベルですが、とにかく、森の中に優しく閉じ込められたかのような気持ちになれる静かな建物がまずステキです。

大きな暖炉オープンキッチンが印象的な「森のキッチン」を中心に、明るくウッディな色調でまとめられたモダンなインテリアといい、那須高原の野菜や乳製品をドカーンと多用した素材重視の料理といい、おすすめの宿。

また、滞在中はアルコール(一部有料)も含めてオールインクルーシブスタイルというのもポイント。おサイフのヒモが固い彼、その逆に雰囲気に流されて浪費してしまいがちな彼、ラグジュアリーな場所に不慣れな彼との旅行でも、滞在中は安心して過ごせます。

1泊2食¥16,000~(2名利用時の1名料金・税別)
問い合わせ先/THE KEY HIGHLAND NASU予約センター tel.0120-01-2644
https://highland-nasu.the-key.jp/

箱根・強羅の「箱根本箱」selected byエディターAH

暑さゆえ、夏場は休日ひきこもりに拍車がかかる私。ホテルステイについても、外をガツガツ出歩いて観光名所をめぐるよりも、宿内で普段はなかなかできない“のんびり”をとことん満喫したい派! この気持ちに賛同いただける方にとって、今年8月1日にオープンしたばかりの「箱根本箱」はまさに理想郷です。

「本」と「箱根」をかけ合わせた「本箱」という名の通り、ホテル内には幅広いジャンルの書籍約1万冊がずらり(自由に読めるだけでなく、本の購入もできる!)。ひとりで本の世界に没入するのはもちろんですが、パートナーと一緒に面白い本を探したり、本の感想を共有したり、そんな非日常かつ贅沢なひとときにも憧れます。何かと忙しい現代人にとって、のんびり過ごすことは究極の至福だなぁと……(しみじみ)。

ほかにも施設内にはブックストアやラウンジ、レストラン&カフェ、ショップ、シアタールームなどが揃っていて、おこもりライフを愛する人に至れり尽くせり。箱根の山々を眺められるお部屋は、全室露天風呂付きなのもうれしいポイント。新潟の人気宿「里山十帖」を手がける「自遊人」が施設のプロデュース&ディレクションを担当していることでも気になっていて、いち早く泊まりに行きたいなと考えています。  
  
料金/1泊2食 ¥18,321~(2名利用時の1名料金)  
問い合わせ先/箱根本箱 tel.0460-83-8025  
http://hakonehonbako.com/

1/4ページ

最終更新:8/10(金) 21:42
ELLE ONLINE

あなたにおすすめの記事