ここから本文です

「名駅南地区」を活性化 名古屋工業大学とUR都市機構が共同研究

8/10(金) 23:28配信

中京テレビNEWS

 名古屋工業大学とUR都市機構は、2027年のリニア中央新幹線の開業に向け、共同で「名駅南地区」の活性化を目指す取り組みを始めました。

 「名駅南地区」は名古屋市の名駅、ささしまライブ、大須、栄の中間にあたるエリアで、取り組みでは、この4つの地域同士に「つながり」を持たせることで人の往来を活発にし、この地区を活性化するのが狙いです。

 名古屋工業大学が訪れた人の基礎データを調査し、UR都市機構とともにセミナーや社会実験を行うということです。

 名古屋工業大学の伊藤孝紀准教授は、「歩いて楽しい地域にするため、歩行空間の新しい活用を考えたい」と意気込みを語りました。