ここから本文です

ネットで注文、自動運転車で受け取れば割引。Waymoとウォルマートによる新たなサービス

8/10(金) 21:14配信

ギズモード・ジャパン

ゆくゆくはおつかいロボット化でしょうか。

Alphabet傘下の自動運転開発企業Waymoが、アリゾナ州フェニックスにて、新たなサービスのテスト運用を発表しました。Waymoの自動運転車テストプログラムは、フェニックスにてすでに行なわれており、プログラム拡張となる新サービスは、世界最大手のスーパーウォルマートとの連携です。

【画像】ネットで注文、自動運転車で受け取れば割引。Waymoとウォルマートによる新たなサービス

Waymoの自動運転車ライドシェアサービスで、ウォルマートに行く人は割引あるよというもの。割引対象となるユーザーは、ウォルマートのネットストアで事前に注文し、品物受け取りのために行き帰りWaymoを使う人限定です。

米国でここ数年、人気が高まっているサービスといえば、オンラインで買い物をして、車で取りにいくとお店の人が品物を車に積んでくれるという横付けシステム。お店の駐車場には、専用の横付けエリアが設けられており、ユーザーが車から降りなくていいのが人気の秘密。車社会のアメリカらしいサービスで、家への宅配の問題点(家にいないといけない、いない場合は宅配ボックス設置など)がないぶん、買い物のタイミングの自由度がウケているようで、どんどん広がっています。Waymoとウォルマートは、ここに目をつけたようですね。非常に合点のいく連携ですよ。

ウォルマートのほか、Element HotelとレンタカーのAvisも、ユーザーの送迎にWaymoを使う連携サービスを発表しました。

ネットショッピングの品を自動運転車で取りにいく…。これ、人間が乗る必要ありますかね? Waymoにオーダー番号登録システムがあって、家まで来たらクラクション鳴らしてくれれば、人間は行き帰りの時間も節約できますもん。いや、もちろんそれを見越した連携ですよね、きっと。おつかいロボットが車の形をしてて、そしてそのロボットはみんなで使うライドシェアスタイルってだけの話ですもんね。


Image: rvolkan / Shutterstock.com
Source: Waymo, CNBC
Patrick Lucas Austin - Gizmodo US[原文]rvolkan / Shutterstock.com
(そうこ)