ここから本文です

医学部医学科、男女別・年齢別の合格率緊急調査

8/10(金) 11:48配信

読売新聞

 文部科学省は10日、東京医科大(東京)が医学部医学科の一般入試で女子と3浪以上の男子受験者の合格者数を抑制していた問題を受け、全国の国公私立大学の医学部医学科を対象に緊急調査を開始した。

 文科省によると、調査対象は81校。10日、各大学に調査票を送り、24日までの回答を求めた。9月以降に集計結果を公表する見通し。

 調査票では、2013年度から18年度まで過去6年の入試での合格者数や受験者数などについて、男女別や年齢別での回答を求め、男子の合格率が女子を上回っている場合、その理由を尋ねている。年齢ごとの合格率に大きく隔たりがある場合についてもその理由を求めた。

 特定の受験者に対し、募集要項などで事前説明のない特別な加点などを行ったことがあるかや、性別や年齢により合否判定に至る取り扱いに違いを設けたかなども尋ねている。加点などを行っていない場合についても、募集要項などに沿って合否判定が行われたことを示す資料を保存しているかどうかを尋ねている。

最終更新:8/12(日) 19:28
読売新聞