ここから本文です

審判員5人に厳重注意、カウント誤り四球宣告怠り

8/10(金) 16:12配信

日刊スポーツ

 日本プロフェッショナル野球組織(NPB)は10日、9日の広島-中日18回戦(マツダスタジアム)で投球カウントを誤り、四球の宣告を怠った当該審判員クルー5人に対し、厳重注意の制裁を科した。厳重注意を受けたのは、球審の津川力氏、一塁塁審で責任審判だった森健次郎氏、二塁塁審の嶋田哲也氏、三塁塁審の名幸一明氏、控え審判の橋本信治氏の5人。

【写真】別カット 鈴木は4つ目のボール判定にも歩かず

 3回裏1死走者なしの場面で、打者の広島鈴木誠也はフルカウントからの8球目でボール判定されたが、四球を宣告されなかった。9球目はファウル、10球目は二塁ゴロを打って凡退となった。

最終更新:8/10(金) 19:56
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/20(月) 23:50