ここから本文です

バルセロナ、77億円でミナ買い戻しが可能? スペイン紙が条項に言及

8/10(金) 16:29配信

SOCCER KING

 バルセロナからエヴァートンに完全移籍したコロンビア代表DFジェリー・ミナだが、バルセロナは将来的な同選手の成長を見込んでいるのかもしれない。スペイン紙『マルカ』が、買い戻し条項の内容について報道している。

 9日にエヴァートン移籍が決まったミナについては、買い戻し条項が付帯していることも発表されていた。具体的な金額は明かされていないが、『マルカ』紙は、バルセロナがエヴァートンに6000万ユーロ(約77億円)を支払えば同選手の買い戻し条項を発動できるものと推測している。なお、今回エヴァートンが獲得に際してバルセロナに支払った移籍金は、3025万ユーロ(約39億円)だ。

 現在23歳のミナは、今年1月に移籍金1180万ユーロ(当時のレートで約15億円)でパルメイラスからバルセロナに加入したものの、リーガ・エスパニョーラではわずか5試合の出場にとどまった。ただ、2018 FIFAワールドカップ ロシアではコロンビア代表に選出され、3試合連続ゴールを記録するなど印象的な活躍を見せたことから、決してその価値が下落したわけではない。むしろそのポテンシャルは変わらず評価されていることが、今回の買い戻し条項からうかがえる。はたして、ミナはエヴァートンで古巣の目を引くような活躍を見せられるだろうか。

SOCCER KING

最終更新:8/10(金) 16:29
SOCCER KING

あなたにおすすめの記事