ここから本文です

中国の7月の消費者物価指数2.1%上昇 鶏卵価格は二けた上昇

8/10(金) 19:15配信

CNS(China News Service)

【CNS】中国国家統計局によると、2018年7月の全国消費者物価指数(CPI)は前年同期比2.1%上昇した。このうち、食品価格は0.5%上昇し、非食品価格は2.1%上昇した。

 食品・タバコ、アルコール価格は同1.0%上昇し、CPIを0.31ポイント押し上げた。特に鶏卵価格は11.7%、鳥肉類も6.6%上昇した。生鮮野菜・果物は同3.8%上昇。牛肉・豚肉などの肉類価格は同4.9%下降した。

 食品以外の項目も軒並み上昇。医療保険、交通通信、住居はそれぞれ同4.6%、同3.0%、同2.4%上昇。教育・文化・エンターテイメント、生活用品・サービス価格はそれぞれ同2.3%、同1.6%上昇した。衣類・その他商品サービス価格は同1.2%上昇だった。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。