ここから本文です

山本 満塁弾 日本の3位以内確定 次はいよいよ米国戦

8/11(土) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇ソフトボール世界女子選手権第9日 日本7―0プエルトリコ(2018年8月10日 千葉市・ZOZOマリン)

 2大会ぶり4度目の優勝を狙う1次リーグB組1位の日本は、決勝トーナメント1回戦でA組2位のプエルトリコを7―0の6回コールドで下し、3位以内が確定。4番の山本優(29=ビックカメラ高崎)が2回に満塁本塁打を放ち、先発の上野由岐子(36=同)が5回無失点と好投した。決勝トーナメントは敗者復活を含む変則方式で実施され、きょう11日の準決勝ではA組1位の米国と対戦する。

 「こんな物語のように打ってくれるなんて」。宇津木麗華監督が頼れる主砲を手放しで称賛した。2―0の2回2死満塁。絶好調の4番・山本に打席が回ってきた。

 「渥美がいい仕事をしてくれたので楽な気持ちで打席に入れた」。初回は2死二塁の好機で申告敬遠されたが、直後に5番・渥美が中前適時打を放っていた。だが、もう相手は逃げも隠れもできない状況。山本は気負いなく2球目のチェンジアップを振り抜くと、打球は左中間へぐんぐん伸びた。風速10メートルの海風にも負けず、今大会第5号の満塁本塁打となった。

 これでグッと楽になったのが先発の上野だった。「先制して、大量得点を取ってくれると助かる」と落ちる軌道のドロップボールを多用して強打のプエルトリコ打線から9奪三振をマークした。投打の軸がしっかりかみ合った快勝で次はいよいよ米国戦。上野は「自分たちがどれくらいできるのか、しっかり勝負していきたい」と天王山を見据えた。(雨宮 圭吾)