ここから本文です

セルフィースマホから高性能カメラスマホへ Meituの新モデル「T9」で感じた変化

8/11(土) 6:00配信

ITmedia Mobile

 インカメラを強化したスマートフォンを送り続けている「セルフィースマホ」専業メーカーともいえる中国のMeitu(美図、メイトゥ)。2018年6月27日に発表された最新モデル「T9」は、これまでのMeituの特徴であった美顔効果がブラッシュアップしただけではなく、アウトカメラの機能も強化している。「セルフィースマホ」から「高性能なカメラフォン」へと、Meituは製品の方向性を転換し始めている。

Meituの最新モデル「T9」

アウト/イン両方にデュアルカメラを搭載

 今や中国系メーカーを中心にインカメラ機能を強化したスマートフォンの数はかなり多い。その筆頭ともいえるMeituは、いち早くインカメラに美顔効果を採用したメーカーだ。Meituといえば、iPhoneやAndroid向けの美顔効果アプリ「BeautyPlus」が世界中の女性たちに知られているが、その美顔テクノロジーを自社のスマートフォンに標準搭載している。

 最新モデルのT9は、アウトカメラ、インカメラともに1200万画素+500万画素の組み合わせで合計4つのカメラを搭載している。他社製品にも4カメラのモデルは幾つか見られるが、T9はアウトもインも全く同じ組み合わせのカメラを搭載しているのである。つまりどちらのカメラを使っても、理論上は全く同じ仕上がりの写真を撮影できる。

 アウト/インの同じカメラの組み合わせは、2017年秋発売の「V6」から採用されている。V6以前のMeituのモデルはフロント側のカメラを常に強化したモデルを投入していたが、今や前と後ろのカメラのどちらを使うかを意識せず使用できるのだ。

 T9ではCPUと画像処理周りのハードウェアも一新され、これまでのMediaTek製プロセッサとソシオネクストのイメージングプロセッサ「Milbeaut」の組み合わせから、Qualcommのプロセッサと自社の「MT-AI」チップの組み合わせとなった。このMT-AIチップは画像処理にAI機能を加えており、美顔効果の自然な処理や逆光・暗闇でも自然な色合いで撮影できる。

 T9の発表会は北京の世界遺産、頤和園(いわえん)を貸し切り夜間に行われた。これまでのMeituの発表会は展示会場などの屋内で行われており、セルフィーの撮影ブースが多数用意されていた。今回は夜景も美しい頤和園で行うことで、T9のカメラがセルフィーだけではなく風景写真、しかも暗い場所でも十分高性能であることをアピールしていた。発表会の登壇ゲストとして、SNSの女性インフルエンサーだけではなく男性芸能人や芸術家も呼んだことから、T9は性別や年齢を問わずに利用できるカメラフォンに進化したことが分かる。

 それでも、女性に人気のセルフィー機能を強化することも忘れていない。AI強化でより自然な仕上がりになり、細かい効果を加えられるようカメラのUI(ユーザーインタフェース)も大きく進化した。そして新たに世界初という「全身美形」効果も搭載されている。一部の動画アプリなどでも搭載されている機能だが、Meituの機能はカメラが骨格を認識し、関節を中心に身体の各部分をスリムにすることで自然な細身の写真が撮影できるという。現時点では写真撮影のみに対応するが、OSのバージョンアップによりライブストリーミングでもリアルタイムに「ビューティーボディー」効果が得られるとのことだ。

1/3ページ

最終更新:8/11(土) 6:00
ITmedia Mobile

Yahoo!ニュース特設ページ