ここから本文です

トランプ氏は「差別主義者」=元補佐官が暴露本出版へ

8/11(土) 9:23配信

時事通信

 【ワシントン時事】米紙ワシントン・ポスト(電子版)などは10日、昨年までトランプ大統領の補佐官を務めていたオマロサ・マニゴールト氏が政権の「暴露本」を出版すると報じた。

 マニゴールト氏はこの中でトランプ氏が黒人を意味する差別用語を繰り返し使ったと主張し、「人種差別主義者」と非難している。

 マニゴールト氏は、トランプ氏がかつて司会を務めていたテレビ番組に出演して有名になり、補佐官に起用された。トランプ氏の差別発言は番組制作時のもので、録音したテープも存在すると主張。ただ、自身がトランプ氏から直接聞いたかどうかは明らかにしていない。

 マニゴールト氏は昨年12月にケリー大統領首席補佐官から突然、解雇を言い渡された。その後トランプ氏に関する秘密を口外しないことを条件に月1万5000ドル(約166万円)の支払いを提示されたが、申し出を断ったという。

 サンダース大統領報道官は10日、マニゴールト氏について記者団に「恨みを抱いた元職員が虚偽の告発によって利益を得ようとしているのは悲しい」と非難した。 

最終更新:8/11(土) 9:29
時事通信