ここから本文です

広島・大瀬良、六回まで無安打無得点 巨人打線を1四球投球

8/11(土) 19:55配信

デイリースポーツ

 「広島-巨人」(11日、マツダスタジム)

 広島の先発・大瀬良大地投手が六回を投げ終え、巨人打線を無安打無失点に抑えている。許した走者は三回、先頭の山本に与えた四球だけ。

 初回の立ち上がりから安定した投球を披露した。マルティネス、重信を連続三振に仕留めると、マギーは二ゴロに打ち取った。その後も四回までは毎回三振を奪い、五回は亀井、陽岱鋼、山本をいずれも遊ゴロに仕留めるなど、凡打の山を築いた。

 バットでは二回、1死一、三塁の先制機で、絶妙なスクイズを決めて1点を先取した。

 大瀬良は6回まで無安打無失点。7三振を奪っている。

スポーツナビ 野球情報